ママのビジネススクールその後(前編)

秋頃からワタシのビジネススクールの挑戦の話をし始めましたが、このところ、色んなことが自分に降りかかりすぎて、その後の進展がおざなりになっていました。

前回は、本来予定されていた面接を終え、肩の荷が下りた、というところでスッキリするはずが、連絡の行き違いで1週間ずれてしまった話をしました。

この日はかなり念入りに準備して待機していたのに、本当にがっかりで。

面接が翌週にまわり、練習時間が少し猶予が出来たという事で、気持ちを新たにしたものの、一方で、1週間でどこまでできるのか、という割り切りの気持ちもありました。

仕事のストレス(かつ「鬱症状」)で準備に臨んでいたので、本当に辛かったのですが、MBAホルダーから模擬面接の練習の際、「聞いている限り、大丈夫だよ」と安心させてもらえる温かい言葉をもらい、かなり気が楽になりました。

とはいえ本当は、まだ流暢に喋れるレベルまでいっておらず、不安は最後まで残りました。

人によって面接の時間がかなり違うようで、合格した友人は「1時間と聞いていたのに15分で終わった」とのこと。

ワタシもそのくらいならなんとかなる、と思っていましたが・・。

面接は、平日の、業務の後の夜の時間。Skypeのようなテレビ電話で行いました。
今度はちゃんと約束通りの時間にコネクト。

ある程度、定番の質問が来るであろうと踏んでいましたが、開始10分で、やや斜めからボールが飛んできて大ピンチ。
ワタシのスピーキングは、ある程度、自分で想定できる範囲はそこそこしゃべれるのですが、自分で考えをまとめなければならない場合に、止まってしまいます。

結局トータル50分の面接。

汗だくすぎて、途中、つまづいたところを振り返って、もう落ちたと思いました。

ともあれ、最終まで残って、ここまでやってこれたことが素晴らしい。

よくやった、これで終わりだ、と、すがすがしい思いもあり。

あとは、今までため込んでいた自分の異動のことなどを着々と進めるのみです。

自宅に帰れたのは23時くらい。

たまえさんには、素直に「イマイチ」と伝え、でも、「ママ、頑張ったよね」と聞いたら、ワタシの頭をなでながら
「ママ、よく頑張った」
と言ってくれました(涙)

いや、ほんと、よく頑張った。

(続く)

読んでくださっている方がいらっしゃると思えると励みになります(*´v`)
よければクリックをお願いいたします

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
<ご参考に過去の記事など>
●最新情報
日経トレンディ 大学&中高一貫校ランキング
●取り寄せ
中学受験生におすすめのインフルエンザ対策
声の教育社 中学受験用過去問集
●WM向けに
仕事で上手に気楽になれる本
効率的に過ごす
●親子で楽しめる本
笑える女子中学生の科学の話の本
●精神面編
「絶対にあきらめない」 やり抜く力
「挫折力」~泣いていた1年前からの成長
受験が迫り親子でぴりぴりしてきたら冷静になれる本の紹介
●勉学編
志望校選びについて
参考になった本など
転塾について

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments