この一年を振り返り文字にする

早いもので、もう年末です。
中学受験をしていたあの年から4年。そして、あと2年後には大学受験。
そこまでいったら、もう親としては卒業ですね。。。

この一年振り返ります。

今までこういう恒例行事っぽいことに反発心があったのですが、自分が頑張ってきたこと、たまえさんが成長してきたことを、ちゃんと可視化して認める事も大事だなって思うようになりました。

ほら、願いや目標を文字にすると、ちゃんとその通りになるっていうし、やってきたことを文字にすると、やってきた自分を褒められるじゃないですか。
ここ最近、私自身がちょっと自信喪失気味なので、敢えて褒めるために書きます(笑)


まず、たまえさんは、高校生になり、ガラリと学校の空気が変わり、今までの中学の中だるみからやや脱出。大学受験を真剣に考えさせる環境に置かれました。大学のオープンキャンパスも数件行ってきました。秋には文理分けがあり、悩んだ末に、やっぱり好きな教科を主軸に置きたいということで理系選択。

1年前から通い始めた塾で、後れを取りまくっている英語を強化。ママが宿題の様子を聞いている限り、中一の英文法も出来ていない状態からのスタートでした。3年間の遅れは非常に重たいものでしたが、すこーしずつ成績があがり、最新の期末試験では随分と良くなりました。結果が出るまで1年以上かかりましたが、良い結果が出たのは本人にとっても自信になったと思います。

そして、なぜか今年からいきなり嵐のファンになり、家の中の音楽は嵐ばかり。ママは曲名は知りませんが、曲は分かるようになりました(笑)

そして、周囲で恋愛がはやり始めているようで。自分も恋したい~!とよく叫んでいますが、実践はまだのようです。もしその日が来たら、ワタシは冷静に受け止められるかしら・・。

友達関係は良好で、たまに友達とカラオケに行っているようです。一時期、嫌がらせがあったときのことを思えば、色々と乗り越えて、上手い距離の取り方、人の付き合い方を学んでいるようです。

集中力はいまだに課題ながら、自分の志望校とのギャップを自覚して、やらなければならないことは理解し始めたようです。

だんだんとママが口を出すことが減りました。
これが一番大きな成長かもしれません。


そして、ママ。
今年、2度海外出張があり、1度目の際は話せないストレスで苦痛な思い出が大きいのですが、2度目の際は上司が同行しなかったこともあり、捨て身でチャレンジしてきました。あわせて、語学学校も1週間くっつけたので、こちらも体当たりで楽しんできました。街で出会った知らない人にも話しかけたり飲みに行ったりして、よくも我ながらやったなぁと思います。

キャリアのほうでは、悩みが続く一年でした。年始に定めた目標の成果はしっかり出したものの、自分の評価につなげるには、やはり英語の成長がもっと必要。そして、ある程度「自分をどう売り込むか」を念頭にやっていかないと、この会社では「いい人」で終わってしまうので、ここがワタシの壁です。上司は野心の塊の人なので、実は何度かやりあいました。

同じポジションで、かつワタシのメンターだったイギリスの仲間は、この会社での評価の壁を感じて秋に退職してしまいました。彼女の気持ちはよく分かる。
高評価じゃなくても細く長くやることもできるけれど、先に昇進していく周囲を横目で見ていると、運や実力、色々な要素があると分かっていながら、心穏やかにいられない。そんなこともあって、英語の挑戦もしたいと思ったので秋からビジネススクール受験に挑戦。しかし、壁の高さに正直心がなえている、というのが現在です。

一方で、会社で立ち上がった部署横断のプロジェクトのco-chairをやらせてもらえるチャンスを得て、こちらは大学時代の専門分野ということもあり、楽しくやり始めたところです。ガチ英語でのディスカッションなので、これはこれでいい勉強の機会になっています。

仕事以外では、実は今年はテレビと新聞に出させていただく機会がありました。(実は昨年も一度テレビは出させていただきました。)今年、共通したのはキャリアの話。子供たちや悩める人に向けて何が出来るか、ワタシが歩んできた道や今やっている取組を紹介させてもらいました。不思議なチャンスでしたが、この周り道の人生、どこで役に立つか分かりません。


このブログもなんだかんだ4年ですね。
ワタシが周囲の温かな声援に寄りかからせてもらっていたあの頃から、いつかは、人様の役に立つような存在になれればと思っています。
といいつつ、今も、自分の気持ちや親子関係の吐露に終わっている気もします(^_^;)

さて、来年は改めて色々と目標を立てたいと思います。実は自分の手帳には思いつくまま書き出してあります。
文字にして実現させる。
この想いで、やりたいことに挑戦していきたいと思います。たまえさんともども。

皆様、一年間お疲れ様でした!良いお年を!

読んでくださっている方がいらっしゃると思えると励みになります(*´v`)
よければクリックをお願いいたします

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
<ご参考に過去の記事など>
●最新情報
日経トレンディ 大学&中高一貫校ランキング
●取り寄せ
中学受験生におすすめのインフルエンザ対策
声の教育社 中学受験用過去問集
●WM向けに
仕事で上手に気楽になれる本
効率的に過ごす
●親子で楽しめる本
笑える女子中学生の科学の話の本
●精神面編
「絶対にあきらめない」 やり抜く力
「挫折力」~泣いていた1年前からの成長
受験が迫り親子でぴりぴりしてきたら冷静になれる本の紹介
●勉学編
志望校選びについて
参考になった本など
転塾について

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

ガーフィー

あけましておめでとう!

たまえママさん、あけましておめでとうございます。昨年は、私が春先にいったんブログを辞めたときに、記事にいろいろと私の気持ちを取り上げていただき、本当に嬉しかったです。ブログ仲間って、お会いしたことはないのに、不思議と心が通い合うことがあるのだなと胸が熱くなりました。詳しく知っているわけではないのに、恐れ多い言い方ですが、たまえママさんの生き方はどこか、実は私も胸の奥底では歩みたかった人生だなと思うことがあります。今の私は専業主婦状態。でも本当は外で仕事をするのは大好きだし、仕事なら割りきって頑張れる。でも家事はどうしても手を抜きがちになるし、誰にも褒められないということからモチベーションも下がりがちです。でもどこかで、誰からもお給料をもらっていないけれど無償の愛から行う家事って、本当は素晴らしいとも思っています。だからこそ、やりきれないことが多いとストレスが溜まる。また、英語。いまだに完全に錆びついてはいないので、だめになる前に本当はもう一度活かしたいと思いますね。昨年は中期留学さえ考えていたはずでしたが、たくさんの番狂わせがありました。今、次男はセンター試験を控え、息苦しくなることが増えました。しかし、私に一生懸命勉強している内容を語ると、嘘のように調子が落ち着きます。娘はようやく今月中にいくつか面接を受けますが、次の就職先がいつ決まるか目処が立ちません。長男はいよいよ、最後の定期試験。まさかの留年はないと信じています。たまえさんも高校生になり、一段と、大人への階段を登り始めていますね。恋愛も失恋も、我が娘の喜ぶ姿や涙をこぼす姿は、同性の親としては、嬉しいやら悲しいやら。でもそれも全部勉強だと、さまざまな経験をした娘が言ってましたね。最近、ある方から気持ちの軽くなる言葉を聞きました。「進路は、たとえ第一志望ではなくとも、長い目で見るとそのひとに一番ふさわしい大学に入れるようになっているものだ。」と。そう考えると、合格できたところが、自分で選んだところが、結果的に最適と思えますね。春には良いご報告が今度こそできたらと思っています。たまえママさんも、身体にだけは気をつけて、無理しすぎないように頑張ってくださいね。今年もどうぞよろしく!

  • 2020/01/02 (Thu) 23:03
  • REPLY
たまえママ
たまえママ

Re: あけましておめでとう!

ガーフィーさん

こんばんは!
本年もよろしくお願いします(^^)

新年一発目のコメント、大変ありがとうございます。すごく励まされます。
実はブログを最近拝見していて、体調、また次男くんのこと、色々心配しておりました。大事な時期ですが、きっと試験までには良くなります!それを信じて、「いつものように」本領発揮してくれると信じています。

ワタシのもやもやは年が明けても引きずっています(^_^;)
精神的に未熟だからかなぁってこのところ思ってたのですが、「褒められる」ことって、やっぱりワタシには必要なんだなって、改めてガーフィーさんのコメントを拝見して感じました。
少しでいいんですよね、認めてもらえれば。
気軽に認め合い、語り合える家族の存在ってとてもありがたいです。
今まで「育てている」と思っていた子どもに対して、実は自分がとても生きがいをもらっていて、認めてもらっているんですね。

ガーフィーさんはお子さんたちにとっても愛情を注がれていて、本当に素敵な関係だと思います。娘さんと過去の恋愛の話、いいですね。うちもそんなことを語り合える関係が数年後に出来るのかなぁ。
転職は焦らず、でも、良いところと出会えることを祈っています。

ワタシが最近キャリアの件で掲載いただいたのも、まさにガーフィーさんのお言葉通りでした。結果的に意味がある道を歩いてきているはず。また、そこに意味を作れる力が人生をポジティブにして行けるのだと思います。

お互い、体に気を付けて、今年も前進していきましょう!

  • 2020/01/03 (Fri) 00:12
  • REPLY